暮らしのQ&Aコーナー マイナンバーのことなら 路線価のことなら

質問はメール及びFAXで承っております。
回答はメール若しくはFAX(0898−65−5780)のみとさせていただきます。
全ての質問を顧問税理士や弁護士に確認をとり掲載しております

最近の質問から   確定申告関連情報(国税庁Q&Aコーナー)

Q 青色申告を行っているものですが、今回平成27年10月にやっと太陽光発電ができ売電が開始しました。
  確定申告ではどのような書類を準備して、提出すればよいでしょうか 9/12

A.ご質問から個人事業主の方と思われます。また、10キロワット以上の出力による全量買取制度を適用されている方と仮定します。
確定申告時の添付書類は@電力会社からの(通電開始予定などの)証明書Aエネルギー環境負担低減推進設備に係る証明書が必要となります。
が、
具体的には、仮に即時償却(本年度で全て経費にする)をお考えであれば、残念ながら適用できません。
太陽光発電設備は平成27年3月31日までに取得したものが即時償却の対象となっており、質問者の方の場合、耐用年数は17年です。
もちろん、特別償却等の適用はできると考えられます。

Q 祖父から車を買ってもらう予定です。贈与税はかかりますか?10/26
A.優しいおじい様ですね。うらやましい限りです。
さて、ご質問の内容では仮定が多すぎますが、税理士という立場を離れて一般的なお答えとして・・・
あなた名義ではなく、おじい様名義であれば借りていることになり、贈与税は掛かりませんよ。
平成27年より贈与税は一般贈与と特例贈与に分類されます。
特例贈与とは
@直系尊属(実の父母及び祖父母)からの贈与で
A受贈者(もらった方)がその年の1月1日で20歳以上の方が受け取った場合の財産をいいます
Bその税率は⇒特例贈与の税率はここをクリック


プライバシーが特定できるものは掲載致しません。
詳しくは最寄の税務署にお尋ね下さい。

関連情報 国税庁のタックスアンサーコーナー